歯を失ってしまったら?~インプラント・入れ歯~

歯が抜けたまま放置すると危険です

歯を失ってしまった方のなかには、「奥歯だからまあいいか」などと放っておいてしまう方もいらっしゃいます。しかし歯が抜けた状態のままにしておくと、さまざまなトラブルが生じる可能性があります。早めに歯科医院で診察を受けて、適切な処置・治療をしてもらいましょう。

失った歯を放置するリスク

  • 隣接する歯が空いたスペースに倒れ込んでしまい、歯列が乱れる
  • 咬み合っていた歯が伸びてしまい、咬み合わせが乱れる
  • 歯並びや咬み合わせが乱れることで、むし歯・歯周病のリスクが高まる
  • 歯並びや咬み合わせが乱れることで、顎関節症や身体のゆがみなどが起こる

自分の歯のように噛めるインプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った部分にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上から人工歯を装着するという治療です。失った歯の機能を取り戻す補綴(ほてつ)治療として、近年は広く行われるようになりました。

インプラントを顎の骨に結合させるので、自分の歯のように自然な咬み心地を取り戻すことが可能。人工歯はセラミック製で、見た目が自然で審美性に優れています。

諏訪市、岡谷市、松本市、上伊那郡から通える「鈴木歯科医院」では、歯科用CTを用いて事前に精密検査を行い、正確な治療を行っています。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 自然な歯に近い咬み心地を得られる
  • 見た目が自然で審美性に優れている
  • 硬いものもしっかり咬めるようになる
  • ケアやメンテナンスをきちんと行えば、長期的に使用できる
  • 咬む力が顎の骨に伝わり、骨を痩せにくくする
  • 周囲の健康な歯に負担をかけない
  • 外科手術を要する
  • 保険適用外となるので、比較的費用が高い
  • 治療期間が長い
  • 定期的なメンテナンスが欠かせない
  • 全身疾患の有無など、適応できないケースもある

症状に合わせたインプラント治療

当院では、患者様のお口の状態に合わせてさまざまなインプラント治療を行っています。以下で、その具体例をご紹介します。

インプラントオーバーデンチャー
長く総入れ歯を使用していることで顎の骨が痩せてしまい、入れ歯の使用が困難になってきた方のための治療法です。インプラントによって総入れ歯を支えます。最少2本のインプラント埋入で済みます。
GBR
インプラントを埋入するには骨が足りない場合に行う外科手術です。「メンブレン」という膜を入れ、骨よりも再生が早い歯肉の侵入を防ぎながら顎の骨の厚みを増やします。
ミニインプラント

総入れ歯を固定するためのインプラントです。裏側に特殊な金具をつけた総入れ歯とミニインプラントをホックで止めるように咬み合わせます。しっかり固定できるので、総入れ歯を使いながらお餅や硬いものを咬めるようになります。治療が一度で済むこと、歯ぐきを切ったりしないので痛みがほとんどないことがメリットです。

症例紹介

※画像はクリックすると拡大します。

症例1
症例2

手術をしないで歯を取り戻したいという方は
入れ歯(義歯)がおすすめです

入れ歯は多くの方に選ばれる補綴治療です

失った歯の機能を補う方法として、「入れ歯(義歯)」はもっともポピュラーな手段です。インプラント治療と比較すると、治療期間が短く済む、費用や身体への負担が軽いなどのメリットがある半面、咬み心地や見た目などに問題が起こりやすく、不満を抱えている方が多いのも事実です。

しかし技術の進歩にともなって、そうした問題を解消するような入れ歯が開発されています。諏訪市、岡谷市、松本市、上伊那郡から通える「鈴木歯科医院」では、患者様とご相談のうえで患者様のお口にもっとも適した入れ歯を製作することを心がけています。入れ歯を入れようか迷っている方、現在の入れ歯に不満がある方は、当院までお気軽にご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用されるもの(保険診療)と、されないもの(自費診療)があります。以下にその違いをまとめました。

保険診療の入れ歯
自費診療の入れ歯
素材 使用できる素材が限定されている 多くの種類から選択可能
費用 安価 保険診療に比べて高価
見た目 審美性に劣る 天然歯と同等の色や質感が得られる
強度 ある程度の強度は得られる 十分な強度が得られる
床部分
  • 厚い
  • 食べものの味や温度が伝わりにくい
  • 薄い
  • 食べものの味や温度が伝わりやすい
使用感
  • 装着時の違和感が大きい
  • 咬み心地がよいものを作りにくい
  • 装着時の違和感が少ない
  • 保険診療に比べて咬み心地がよいものを作りやすい
作成期間 短期間で製作できる 製作に時間がかかる

取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯(保険診療)
レジン(歯科用プラスチック)が床の素材に使われている
メリット デメリット
  • 治療期間が短い
  • 保険が適用されるので安価
  • ほとんどの症例に適用可能
  • 装着時の違和感が大きい
  • 審美性に劣る
  • 咬み心地に違和感が出る
  • 発声に問題が出ることがある
  • 入れ歯を支えるために、残った歯に負担をかけてしまう
  • 色やにおいが付きやすい
金属床義歯(自費診療)
金属(コバルトクロム、チタンなど)が床の素材に使われている
メリット デメリット
  • 強度が高く壊れにくい
  • 薄く作れるので軽く、装着時の違和感が少ない
  • 食べものの温度が伝わりやすい
  • 金属アレルギーの心配があるものもある
  • 修理が比較的難しい
  • 比較的高価
ノンクラスプデンチャー(自費診療)
取り付けに金属のバネを使用せず、歯ぐき部分に自然な色の素材が使われている
メリット デメリット
  • 装着時の違和感が少ない
  • 周囲の歯への負担が少ない
  • 見た目が自然
  • 耐久性が高い
  • 食べものの温度が伝わりにくい
  • ブラッシングしにくいことがある
  • 比較的高価
シリコーン義歯(自費診療)
床の一部がシリコーンでできている
メリット デメリット
  • 現在使っている入れ歯を改修することで使用可能(一部できない場合もある)
  • 入れ歯があたることによる痛みが軽減される
  • 入れ歯が落ちたり外れたりすることが少なくなる
  • ほとんどの症例に適用可能
  • 修理が難しい
  • 顎の骨が痩せてくると、次第に合わなくなってくる
  • 汚れが付きやすい
  • 比較的高価

症例紹介

※画像はクリックすると拡大します。

ノンクラスプデンチャー(バネのない入れ歯)1

ノンクラスプデンチャー(バネのない入れ歯)2

歯を失ってお困りの方は鈴木歯科医院までご相談ください
電話予約はこちら 0266-41-0009

Page top